エステサロン、または自宅でキレイを磨こう。

歴史

家庭用脱毛器の誕生にはレーザー脱毛の開発が大きくかかわっており、1986年にアメリカの大学で、シミやホクロを治療するためのレーザー治療の際に、毛が生えてこなくなった作用に注目し、選択的光熱凝固理論と呼ばれる理論を発表したのがきっかけであると言われています。 この発表から10年後の1996年にレーザー脱毛機器が登場しましたが、当時はルビーレーザーと呼ばれるレーザーを用いており、白人向けであり黄色人種には適していませんでした。その翌年の1997年にアレキサンドライトレーザーが開発され、日本人向けのレーザー脱毛機器が登場しました。 家庭用脱毛器の登場は、さらにその後の2000年の事になりますが、当時はとても実用的とは言い難く、その後の改良によって次第に実用的な家庭用脱毛器が登場するようになりました。そしてレイボーテは2014年に登場し、発売から二週間で大手ネットショップのランキングで1位を取り、人気となっております。

これまでの家庭での自己処理方法であるカミソリや毛抜きによる脱毛は、肌を傷める危険が高く、最近では選択肢も増えている事から別の方法を用いて脱毛する人も増えております。 例えば、エステはフラッシュ脱毛が登場したことから、短時間で効率的な脱毛が行えるという事で価格が安くなり、未成年でもエステに通う人も珍しくはなくなってきています。 その一方で、エステだと予約を入れてお店が開いている時間に足を運ぶ必要があるが時間が無くてなかなか通う事が出来ない、人に脱毛してもらうのはあまり好ましくはない、などといった人もいます。 そうした問題を解決してくれるのがレイボーテであり、レイボーテならばエステと同じフラッシュ脱毛を自宅で自分の好きな時に出来ます。何かと効率が求められる現代社会では、レイボーテによる自宅での脱毛はそうしたニーズにピッタリであると言えます。クール機能によりわざわざ冷却材を用意する手間もかからず簡単に脱毛が出来る事からも、今後レイボーテの需要は高くなるのではないかと思われます。